x

You are using an outdated browser. Please upgrade your browser to improve your ReverbNation experience.

emiko / Bio

At the ripe old age of 12, Emiko had already "retired" from classical music to begin making her mark in pop. Having played piano since she was two and half, Emiko was transforming from classical piano prodigy to rock and roll starlet. Flash forward to now and Emiko is signed to a worldwide record deal with Famous Records, distribution through Universal Music Group, having definitely earned the title of "lifer" in the music industry.

As a citizen of the world, Emiko’s music reflects her international heritage - half Japanese, half Jewish-American as she brings to life her journeys through music. Whether it’s through the pulsing march of a lone drum on “The Great North Road” or the romantic nostalgia of “6am” (both songs from her upcoming album), Emiko finds herself crossing musical genres as often as she crosses international borders these days.

A three time featured performer of the Songwriters Hall of Fame New Writers Showcases, Emiko has graced the pages of Billboard Magazine, FM Sound, Music Connection, and other mainstream music publications. As an award winning songwriter
her credits include major publishing houses such as SONY/ATV, Extreme Music Group and more. Her original material has been licensed to film and television worldwide and can currently be heard in an array of shows.

Having taken the last year off to focus on writing her new album, Emiko has found herself knee deep in the development of a TV show about her life and her travels, which, according to the show’s producers “had to be made because no one would believe it if we told them!” The series will chronicle the making of her new live stage show which tells the story of how after 15 years, Emiko left New York for a 10 day tour of Japan, met an Englishman in a bar and (somehow) ended up in London!

Presently, Emiko is gearing up for another massive tour which will kick off in the US in September and take her across the 50 States, over to England and Europe and finally culminating in Japan.

And when Emiko is not busy writing, recording, or touring, she delves into her other passion: the business side of the music industry. Named one of New York’s Most Successful Entrepreneurial Women in Business by Young Working Women Magazine (July 2008), Emiko keeps busy by being the President and Founder of The 6412 Ltd., a business development/management consulting firm for up and coming artists, and as the Executive Director of AAMIA, (The Asian American Music Industry Association), an organization dedicated to bridging the gap between Asia and the Western World in today;s popular music industry. With these two businesses under her belt, Emiko has been invited to lecture and participate as a music industry expert at various music festivals, panels, and conferences such as Japan Music Week, The Vancouver Island Music Business Conference, The Independent Music Conference, and more.

Emiko makes her home between New York, London and Tokyo - "...really, home is wherever the music takes me!" she says. Hard at work in the studio on her next album, it can surely be said that Emiko is one step closer to her favorite saying, If there’s life on Mars, they’ll buy my album!

Japanese BIO:

アーチストのプロファイル

現在 SONY-ATV および V2 RECORDS(UNIVERSAL MUSIC GROUP) のライターとしてニューヨークを拠点に音楽の制作活動を行っている。

しかし,その展開はニューヨーク,ロンドンだけでなくすでに日本においても確実にあらわれている.YOU MUSIC CHART ではここ三ヶ月で最も期待されている25人の新人アーチストの一人として注目を浴びており日本での活動も期待されている.特に
アーチストの曲,”STUCK IN NEVERLAND ”(スタック イン ネバーランド)はこのチャートのロック部門で3位を記録しており,更にFM JAPANESE MUSIC CHARTでは ”BECOMING MARINA “ (ビカミング マリア)の日本語版が7位と高い記録をマークしている.

シンガーソングライター及びアーチストとしての礎は幼年期に芽生え十代を経て現在に至る。特に驚くのは2歳半の時に常に耳にはいるフォークソングを鍵盤にむかい音符どうりに弾きそばにいた家族を驚かせたというエピソードの持ち主でもある。幼少期にピアノのレッスンをはじめ十代の始め頃にはすでにポップ系の作詞,作曲を始めていた.
それ以来クラッシック音楽からポップ/ロックミュージックへとアーチストの才能を開花させるべき道を歩み始めていた.

シンガーソングライターとして数多くの曲をクリエートしている.それぞれの作品にはアーチストのその時きどきの心の中にある溢れる思いや感情を豊かにそして繊細かつ人の心に訴える感性の高い作品が多い。叉,それらの作品のなかには特に人間の内面を深く掘り下げた曲などもあり,それはとりもなおさずアーチスト自身の希有な才能と資質によるところが大きいといえる。

未来に向けても伝統的なポップ/ロックミュージックから更に新しい方向性を見いだすべきその役割を果たすリード的なアーチストとしても知られている。その役割の範囲は
自身の新曲の制作及び演奏活動はもとより新人の曲のプロヂュースも意欲的に行っておりその活動範囲はアメリカは勿論ヨーロッパやアジアにも及ぼうとしている.

現在までの活動歴と受賞
: SONY/ATVおよびV2でライターとして新曲のクリエーションとその制作に携わ   る.
: プロデユーサー,PATRICK SHAW 氏(Shakira, Alicia Keys, Mandy Moore)と新  しいアルバムの制作進行中。
:  Songwriters Hall of Fame New Writers Showcases に三回特別出演する。
: イギリスのOverplay Pop/Rock Chartsではアーチストの曲が17週間連続で1位  を記録する。
: 2005年及び2006年にASCAPlus Awardに輝く。
: 2005年,Overplay Song Competition Award を受賞する。
: 2004年度のBRIT Award にノミネートされる。 
: 世界飢餓年のunsigned アーチストとして”貧困と飢餓防止キャンペーンツアー”  に参加する。
: Steel Bridge Song Festival (ウシコンシン州) にJackson Browne と共に出演。   この音楽祭の出演によって米国内でのアーチストとしての存在を確固たるものにす  る。

メデア関連
: ” CITY SESSIONS “ (MTV style の番組)に出演しインタビューをうける.
: 現在,PBS (Public broadcasting Service),RAVE( national major network) お  よび FUSE (national music network) 等の3つのメヂアで アーチストのCITY    SESSIONS での演奏とインタビューの模様を放映中である.
: 2008年7月にはニューヨークで最も成功している25人の女性起業家の一人と  して雑誌YOUNG WORKING WOMAN に掲載される.
: BILLBOARD MAGAZINEに新人シンガーソングライターの一人としてのる.

音楽関連事業
: The 6412 LTD., をニューヨークに設立し音楽関連事業の展開を開始する.
: ブチック系エンタテイメントの会社としてその時代のニーズにあった個性豊かな新  らしいソングライターや歌手の育成を行う.
: アジアアメリカ音楽事業協会を設立.
( 英語表記の正式名称はAsian American Music Industry Association.以下略して  AAMIAとする)
AAMIAの創設者およびデレクターとして東洋と西洋の現代ポップミュージック分  野におけるギャップをうめる橋わたしとしての展開を行う.

流通関連
: CDの販売分野では大手の書店,ボダーズ ブック ストアーと販売契約を行う.

General Info

Band Members
(US/UK) Andy Altmann/Michael Alfero/Carl Engelmarc: guitars. Rawn Randall/Jake Newman: bass. Vito Pandolfo/Liberty DeVitto/Toby Goodman: drums
Artist Name
emiko
Home Page
http://www.reverbnation.com/emiko
Active Since
01/98
Genres
Rock / Pop/Rock

Contact Info

Location
New York, NY
Manager
Adrienne Borgersen

Similar Artists

  • Sara Bareilles
  • Kelly Clarkson
  • Katy Perry
  • Blondie